つめかえ君&GAS SAVER


DSC02256_R.jpg

 キャプテンスタッグのガスボンベ大きいサイズで680g(中身は470gほど)、ホームセンターで買うと600円ほど。でも、冬場に良く使うガスコンロの激安ボンベを買うと250g×3本で260円ちょっと… いくらなんでも、ボッタクリ過ぎじゃ…

と、思い始め何か良い手立てはないかと考えたのがきっかけでした。

そこで、ネットサーフィンをしつつ、知恵袋を漁っては叩かれ、アマゾンでダッチワイフのレビューを見ては人間の業を垣間見て、FC2動画の動画を見て興奮し、賢者タイムとなり悟り開いたその時!ついに見つけたんですよ!これを!!

おわかりいただけただろうか…(←呪いのビデオ風に)

そう、市販のカセットガスを空のガスボンベに移せるアダプターなんです!何て経済的!!そこで、実際に購入して使ってみたインプレです。

DSC02263_R.jpg

 まずは、つめかえ君のセット内容。実はランタンもカセットガスでダイレクトに繋いでやろう&将来的な拡張も兼ねてこのセットを購入しました。では、実際にカセットガスからの移し変えです。今回はバローホームセンターで購入した人柱×3!3兄弟!たしか260円くらい也!!

DSC02252_R.jpg

 の、前に受けて側のガスボンベは必ず重さを量りましょう。キャンプテンスタッグのガスボンベですと、新品未使用で約690g有ります(でも、公には680gらしい)つまり、690g以上は絶対に入れてはダメ。爆発するリスクも増したり、なんていうか、ろくな事がありません。この行為もろくでもないことですが…

んで、元気よく装着です!!

DSC02264_R.jpg

DSC02264_R.jpg

  上の紹介写真にある一番左のものをカセットガスに装着(送る方)し、その後受けて側(キャプテンスタッグのカセットボンベ)へ装着します。そして、準備が整ったらバルブを開閉!!

DSC02265_R.jpg

  「シュコ~~~~~~~~~~」言っとります。ガスの扱いは正直まだビビリなんで、2分ほど入れたら重さを量って、また入れて…を繰り替えしておりました。そして、そんな繰り返しで670gほど入りましたので、無事作業が完了しました。

では、次!GAS SAVERの腕を見せてもらいましょうか。

DSC02253_R.jpg

 今回はアダプターもセットのものを購入してみました。これがあると便利なんです。

使い方は、ますアダプターとガスセイバーを合体させます。ドッキング~♪

DSC02266_R.jpg

 そして、アダプター側にカセットガス、ガスセイバー側に受けて側のガスボンベ。使い方はこちらの方が簡単と言うか、わかりやすい印象。

DSC02260_R.jpg

DSC02261_R.jpg

こんな感じです。こちらも、「シュコーーーーーーーー」という音と共にガスが流れ込んでいるのがよくわかります。

※1つのテクニックとして、受けて側のボンベは人肌のお湯で温めたり、送り手のカセットガス等は氷水で冷やしたりするとスムーズに移行が出来るので便利ですよ♪

↓アダプターを外してガスセイバーのみでも、こんな事だって出来ます。う~ん、経済的♪

DSC02262_R.jpg

 なかなか素晴らしいものを考え出してくれたものです。本当に役に立ってますのでオススメですよ♪

ハッ!!Σ(ll゚Д゚ノ)ノ 重さを量るならデジタルがオススメよ♪以上、つめかえ君&GAS SAVERのインプレでした。

似た製品も有りましたよ!

こちらも便利そう♪