バイクに(GSX1300R HAYABUSA & シャドウ)一眼レフの積み方か考えて実践してみたお話 180330


はい。奇跡の1日2回更新でございます。

今回はいつもとはちょっと趣旨の違うネタ。一眼レフをバイクに積載する方法を考え実践してみたお話でございます。

さーそれでは行ってみよ~

DSC05255_R.JPG

はい。先ずはアメリカンバイク、ホンダのシャドウ400でございます♪

このバイクの場合、一眼レフを積もうと考えた時に「!!( ゚д゚)ハッ!!キャリアを付けてホムセンボックスを付けて、そこに入れればええやん!」と思い立ったのが始まりで…

DSC05257_R.JPG

さっそく、ヤフオクで専用のキャリアを落札し、ホムセンボックスをバローのホームセンターで購入し加工することから始めました。

って言っても、写真を見て分かるようにホムセンボックスにドリルで穴を開け、ビスとボルトを用いて止めているだけであります(^_^;)

DSC05258_R.JPG

一応、カメラを入れる&振動も考慮して内張りはスポンジ生地(コレが高かった…(泣)

DSCN0219.JPG

レンズと本体、三脚を入れてみた。

三脚はバイクでの積載性も考慮し

DSC05264_R.JPG

DSC05265_R.JPG

DSC05266_R.JPG

を使用(作りは良いけど、高い(泣)

DSCN0224.JPG

DSC05263_R.JPG

当たり前だけど、レンズポーチなどを使用します(^_^;)

DSCN0220.JPG

本体に付けているレンズと合わせて2本&三脚、ブロアーなど…全然入らない(泣)

DSC05256_R.JPG

違和感のありすぎるホムセンボックス( ゚д゚)

三脚を除けばレンズ3本はイケます(泣)

お次は隼♪

DSC05259_R.JPG

こっちはスタイルも大切なのでちゃんとした市販品を使用。カラーも豊富でなるべく違和感のないものを選んだ(*^_^*)

DSC05260_R.JPG

写真の通り、結構デカいです(*^_^*)

DSC05261_R.JPG

こっちはいたずら防止のためにファスナーの所に鍵を付けた(あまり意味がない…)

DSC05262_R.JPG

思いの外大き良いので、結構入るのよね(*^_^*)

でも…DSCN0221.JPG

こちらも、カメラレンズ2本が限界(しかも望遠レンズは本体保護用のポーチに入らない…)

DSCN0222.JPG

しかも、隼の場合、ダウンや予備のグローブも入れるから実際は殆ど入らない(泣)

DSCN0223.JPG

手持ちのレンズも(写真に写っていないものも合わせて)全部合わせると5本あるんだけど、実際にどんな物を撮るのかよく考えて2本程度しか持っていけないこの現実(泣)

しょうがないけどコレが現実…( ゚д゚)

まあ、コレでもツーリングが出来て写真も楽しめるっていう最高の状態なんですけどね!

以上、バイクにカメラの積み方を考える!でした(*^_^*)

DSC05269_R.JPG

DSC05270_R.JPG

明日は飯田の山奥まで幼馴染とキャンプツーリング♪

薪から炭までばっちり積み込みましたよ!!

明日が楽しみ~♪

な、わけで最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もお楽しみに(*^_^*)

camp-touring@administrator について

バイクに乗ったりテント積んでぷらっとキャンプに行ってます。このサイトでは、オススメのキャンプ道具~仕事について~バイクのこと記事にしていきます。
カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。