北海道旅行記 20170919 (10日目)


はい。これまた1日サボって更新でございます。

火曜日の夜、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨日はブログを更新しようとしたところ なぜかネットに(まともに)繋がらない&ワードプレスの管理画面にアクセスできないなど、とてもとても更新できる状態じゃあありませんでしたので、途中まで頑張って放置(^_^;)

月末はネットが繋がりにくくなるのかな?サーバーの問題? https://togetter.com/li/1166327

んで時間がありましたので地元の(元)中学校へ星空を撮りに行っておりました。

DSC02927.JPG

まだ一眼レフ初心者ってこともあり設定がうまく出せず苦労しましたが少しずつ撮れるようになってきました♪

DSC02944.JPG

夜空に浮かぶオリオン座がとってもキレイ♪この写真はホワイトバランスを弄って青みを出してみました(*^_^*)
色々と覚えてくると楽しいもんですね♪

そんなわけで北海道旅行10日目(北海道上陸6日目)いってみよ~(^O^)

この日は旭川市の手前から東へ日本海の方へ出たかったので国道40号線→国道239号線→日本海!のルートで走行予定♪

んでもってツーリングマップルを眺めていると「剣淵町 絵本の館」と言う場所を発見。

仕事柄、保育士として担任を持っていた時は地元の市民図書館で年間240冊ほど絵本を借りては子ども達に読み聞かせておりましたので自分としても興味津々♪

急ぐ旅でもありませんでしたし、ちょっと寄り道(*^_^*)

ジャージ姿の33歳スキンヘッドという、 この世で一番場違いな風貌ではありましたがシッポ振って突入してきましたよ!!

んで入ってみてビックリ( ゚д゚)

DSC00942_R.JPG

「いいから いいから」シリーズや「おじいちゃんの おじいちゃんの おじいちゃんの おじいちゃん」でおなじみの長谷川 義史氏が この絵本の館のために描き下ろしたイラストが飾ってあるじゃありませんか!

これには驚いた!しかも、この施設 ありとあらゆる絵本がありますが入館料は無料というビックリな感じ。

DSC00944_R.JPG

就学前のお子さんがいる家庭は一日中楽しめるのではないでしょうか?

DSC00945_R.JPG

↓そして2017年の絵本の里大賞を決めるために集められた100冊以上?の絵本!

モチロン自分も大賞の投票をさせていただきましたよ!

DSC00947_R.JPG

どれも素敵なお話ばかりで迷っちゃったけど(*^_^*)

DSC00949_R.JPG

この絵本の館の作りを見て思ったんだけど、地元の教育施設は(主に中学校や小学校)コンクリート丸出しの建物が多い。でも、やっぱり木のぬくもりが一番。コレって本当に大事。

ってか、建造物を立ててコンクリート丸出しで表面に何も処理をしてないって、それだけお金がなかったのかな??(と、地元の市役所や教育委員会に聞いてみたいw)

剣淵町出身のイラストレーターの方の絵がたくさん飾ってある。

DSC00950_R.JPG

どの絵もすごく温かいタッチの絵。子どもがいたら家に飾ってあげたい♪

DSC00963_R.JPG

季節ごとに色々な絵本が振り分けられている。

DSC00952_R.JPG

実家に火を放って焼き芋やりたい(´・ω・`) 間違えた。枯れ木や落ち葉、松ぼっくりを集めて焚き火をしつつ、実家を燃やしたい( ゚д゚)…間違えた(笑)

日本酒を飲みながら焼き芋がしたい(笑)

DSC00956_R.JPG

親子で楽しく絵本を読んでいる方も見えました。

僕の独り旅が余計と寂しくなる(笑)

↑↓そういえば地元の保育園や名古屋の保育園で働いている時は子ども達にこういったものも作らせてあげたな~♪

DSC00957_R.JPG

「もこ もこ もこ」1歳児や2歳児の子と一緒に読むと楽しい♪

DSC00955_R.JPG

「アントン先生」でおなじみ西村敏雄氏の絵本♪
この絵本のタッチもステキなのよね(^O^)

DSC00958_R.JPG

そんなわけで「剣淵町 絵本の館」でした!
実はこちらの施設、施設の維持管理など町の運営費で行っておりますが、赤字です。
しかし、多くの人に親子に楽しんでいただき思い出も育くんでもらいたいという考えから入館料は取らずに、それでも赤字で運営をしているようです。

別に寄付しろとか どうこうしろと言うつもりはありません。ですが、近くに立ち寄った際は ぜひ親子で楽しんでみてはいかがでしょうか?

本当にステキなところですよ♪

剣淵町 絵本の館
http://ehon-yakata.com/

さて、たっぷりと心も充電できましたし、日本海に向けて出発!

国道239号線から霧立峠を超えて日本海オロロンラインを目指すよ!

と、まあ台風が去った後なのに土砂降りでしたが とりあえず気にせず出発。

が!

昨日の大雨でなんと霧立峠が通行止め!(しかも国交省?の道路維持管理の人が立ちふさがって絶対に通れないようにしている…)

聞いてみると、昨日から通行止めにしているようで…んでも、迂回路がなく日本海に出るには一旦、国道275号線を南に下って国道233号線に入らないと日本海には出られない(泣)

たしか迂回するために150キロ走らなければならなかったと思う( ゚д゚)
さすが北海道…

仕方なしに国道275号線を抜け沼田町まで出ると、カーナビの通行止情報が消え、もと来た道を戻っていけと言うじゃありませんか!

コレはチャンス!しかも走っている最中に国家権力もいなかった!さらにチャンス!と、ばかりに来た道を60キロ程戻ると…

あ、あれあれ?( ゚д゚)

マダ ミチヲ フサイデイル(´・ω・`)

とりあえず、さっきも警備員?の方と話した気がしますが「通行止めは解除されてたのでは?」と聞くと「いえ、まだ通行止めです」の一点張り(泣)

悔しくて悔しくて道路交通情報センターに直電してみると推定20歳 アイドルのようなに可憐で美しい声をしたオペレーターのお姉さまが「まだ規制は解除しておりません」と仰られ完全に敗北をしたワタクシでございました(泣)

まあ、その…なんといいますか… 道路交通情報?カーナビのビーコンが広範囲すぎて通行止情報を拾わなかった。ただそれだけなんですけどね(T_T)

んで仕方なしに大人しく遠回りして留萌市から日本海に出て国道232号線に入り小平町に到着~

DSC00968_R.JPG

海水の水しぶきが風で霧みたいになっている( ゚д゚) スゲエェ…

↓「にしん街道」って書いてある。

DSC00974_R.JPG

有名なお坊さん?お侍さん?らしい。

DSC00975_R.JPG

そんなわけで日本海オロロンラインに突入!
※実は増毛町もここからだと近かったため寄ってお行けばよかったと後で後悔(^_^;)

DSC00990_R.JPG

ここを走りたかった!

DSC00987_R.JPG

バイクのお兄さんも写メをパシャリ☆

DSC00984_R.JPG

自分も本当だったら隼で来たかったです(泣)

DSC00992_R.JPG

バイクに乗るようになって いつかは北海道を旅してやる!って思って色々調べたから日本海オロロンラインも知っていたんだよね。

バイクで旅したかったなぁ~(泣)

んで、本日の宿泊地にご到着。

↓「ここをキャンプ地とする!!」(水曜どうでしょう風に。でも水曜どうでしょうは一度も観たことがないw)

DSC01008_R.JPG

この日は「とままえ夕陽ヶ丘未来港公園」に泊まりました。直ぐ上に道の駅があって、その中に温泉もあるので例によって ここもオススメ♪

↓だだっ広いテントサイトだこと…( ゚д゚)

実は近くのスタンドの人に このキャンプ場のことを聞いたところ「この時期にキャンプをする人は もういませんよ」とのことでしたが、山があって人里があっての海岸線にキャンプ場という条件でしたので問答無用でこのキャンプ場にした次第でありました。

DSC01002_R.JPG

一応、キャンプシーズンは終わってますので無料ということで…(^_^;)

なんで、こちらのキャンプ場にしたかといいますと、ここから27キロほど南下すれば「三毛別ヒグマ事件」の事件現場なんです(泣)

三毛別ヒグマ事件は以下を参照にして下さい
※グロテスク&壮絶な事件です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%AF%9B%E5%88%A5%E7%BE%86%E4%BA%8B%E4%BB%B6

さー♪今夜は昨日買った具材を使ってバーベキュー!!

DSC01007_R.JPG

海からの風が半端なく強い( ゚д゚)

お陰で焚き火台にも空気が(酸素)入りまくってじゃんじゃん燃える!どんどん薪が燃えていく!!

ちなみにこの旅のためにサンテナ1.5杯分と土嚢袋1杯分の薪を大量に持ってきていた(笑)

DSC01013_R.JPG

んで北海道のラジオを聞きながら明日のルートをじっくり考えてるとこ♪

↓キレイな夕暮れ♪台風も完全に去ったからいい天気♪(但し、海からの風は相変わらずスゴイw)

DSC01011_R.JPG

さて、せっかく剣淵町の絵本の館へ行きましたし、2017年の絵本の里大賞も発表されましたので この場をお借りしてご紹介したいと思います♪

大    賞 『さよなら ママがおばけになっちゃった!』のぶみ さく(講談社)

びばからす賞 『ネコヅメのよる』町田尚子 作(WAVE出版)

びばからす賞 『なつみはなんにでもなれる』作・絵 ヨシタケシンスケ(PHP研究所)

びばからす賞 『うまれるまえのおはなし』えとぶん ひだのかな代(ポエムピース)

びばからす賞 『さきちゃんの くつ』そうまこうへい 作/まるやまあやこ 絵(フレーベル館)

ア ル パ カ賞 『おいしそうなしろくま』作・絵 柴田ケイコ(PHP研究所)

ぜひとも秋の夜長に親子で一緒に読んでみてはいかがでしょうか?

どれも大賞に選ばれるだけあってステキな絵本ばかりですよ!

僕は読んであげる相手もいませんし、読んでもらえる人もいませんのでキャバクラのおねーさんにでも土下座して お願いをし読んでもらいたいと思います!!

↑自分で言っておいてなんだけど、本当に気持ち悪いな自分(泣)
何年経っても思考はサカリの付いた中学生状態であります(´・ω・`)

あっ、一度で良いから誰か一緒にキャバクラへ行ってくれませんかね??
田舎はキャバクラがなくお年の召したおばあさまの経営する すなっく って言う お酒が飲めるお店があるんですよ!!知ってた??

そんなわけで、今回は北海道旅行10日目の(北海道上陸6日目)お話でした♪

最後まで読んでくださってありがとうございます!!

次回は この旅の本当の目的地 本土最北端「宗谷岬」に行ったお話でございます。(あ、あと三毛別羆事件の事件現場にも行った)

翌日は遂に夢が叶った瞬間でもあります。お楽しみに!!

camp-touring@administrator について

バイクに乗ったりテント積んでぷらっとキャンプに行ってます。このサイトでは、オススメのキャンプ道具~仕事について~バイクのこと記事にしていきます。
カテゴリー: キャンプ, , 北海道 旅行記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。