北海道旅行記 20170929(20日目)


さー長かった北海道旅行も この日が ついに最終日となりました。

金曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか?

この日は道の駅 南相馬にからスタート♪

車を駐車場に停め その後ろにポップアップ式のテントを張らせてもらう形としました。
※道の駅でのキャンプは常識的に考えてNGなのは承知しております。今回は前夜21時頃、誰にも邪魔にならないよう(場所も取らないように配慮しつつ)テントを張り翌朝5:30頃にはテントを片付けさせていただきました。

DSC02691_R.JPG

側に公園もありましたので少しだけ お散歩をして出発♪

道の駅の丁字路で気になるものがあった…

↓ポケモントレーナーは心して読むように

DSC02692_R.JPG

はい。標語であります。声を出して読み上げるように

「ポケモンを 追う彼方に 事故が待つ」

さて、こちらから10キロ程度進むと政府が規制している いわゆる帰宅困難区域となります。

ちょっとドキドキ…

しばらく進んでいくと…

DSC02701_R.JPG

この看板が生々しい…( ゚д゚)

線量計はないけど、ここの放射能が降り注いでいると違うか?( ゚д゚)

そして…

DSC02703_R.JPG

着いた…地図で言うと↓ね

この交差点で車を停めて写真を撮っている狂った人間なんていません。普通は…

そもそも国道6号線で ここらへん一体は徒歩で通行する人、バイクで通行する人は立入禁止なんです。

側に線量計がある。

φ(゚Д゚ )フムフム…

ただ今の線量「2.373マイクロシーベルト」( ゚д゚)

こここここ、これは僕ちゃんも被爆してしまっているのでは!?!?!?

ものの3分ほど原発へ向かう交差点で写真を撮っていましたが心底、後悔いたしました(泣)

んで、カメラを東側に向けると…

DSC02708_R.JPG

福島第一原発の原発建屋を工事していると思われるクレーンが見える…( ゚д゚)

その後は道路沿いに大熊町~双葉町と街の様子を見ましたが、本当に廃墟といいますか、人間が住まなくなった土地はこんな状態になってしまうんだ…
というくらい衝撃的な風景でした。

また、いたるところにも線量計&スクリーニング場が…双葉町の線量計は0.930マイクロシーベルトだった。

国道6号線も交差点という交差点は全て封鎖され警備員も配置されております。

町の雰囲気ですが↓を参考にされると、なんとなくその雰囲気を伺い知ることができるのではないでしょうか。
http://lasting-xxx.hatenablog.com/entry/2015/02/28/152005

色々と考えさせられたな。その後は国道288号線を走り福島市内を目指して行きましたが、多くの作業員の方の車を目にしました。

大変かもしれませんが、頑張ってもらいたい。本当にそう願います。

そして…

DSC02712_R.JPG

予てから行きたい走ってみたいと思っていた磐梯吾妻スカイラインへ到着!

裏磐梯も走りたかったので、ちょっとぐるぐる走ってみた♪

福島市内かな?景色がいい♪

DSC02716_R.JPG

バイクが橋の上で写真を撮っていたので真似をして僕も後ろから撮影(笑)

DSC02725_R.JPG

今度はバイクで来たいな~

実際、平日でしたがバイクも数多く走っておりました♪

DSC02731_R.JPG

恒例の太陽も入れて撮ってみた(^_^;)

DSC02746_R.JPG

浄土平の手前で車を停めて写真撮影♪後から気付いたんだけど火山ガスが出ているようで駐停車禁止だったみたい…(看板が見える手前で停まって写真を撮っていたため)

DSC02758_R.JPG

浄土平に到着!

奥に吾妻小富士って書いている。

うん、登っちゃる!(ジャージに半袖だけど…)

一眼レフカメラを片手にレッツ登山!

確かに噴火口は富士山の頂上と似てる(気がする…)

DSC02773_R.JPG

それにしても いい眺めだこと♪

DSC02787_R.JPG

さっき走ってきた道が見える♪

DSC02777_R.JPG

↓さー あそこにみえる一番高いところを目指す!(自分が風で吹き飛ばされそうなくらいなので風速40メートルくらいはありそう…)

DSC02780_R.JPG

写真の左側真ん中あたりに人間の集まりのようなものが見えますが、実はこれ中学生たち。

あまりの強風で危険すぎるため暴風の中、留まっておりました。

どこの中学かしらないけど、はっきり言ってこの強風で登るなんて馬鹿げてると思う。冗談抜きで子どもが飛ばされなくてよかった。本当にそう思う。

引率の先生は今回の件を真剣に捉えて来年度は登る場所を考えたほうが良いと思いますよ。死人が出てもおかしくないと思うもん。

↓そんな中、半袖&ジャージで登る33歳無職(周りは防寒もバッチリなバリバリの登山者!)下の方に中学生が見えるね

DSC02787_R.JPG

そもそも、風が強すぎて自分以外 人がいない…( ゚д゚)

でも…登頂!

DSC02789_R.JPG

途中で本当に身の危険を感じるほどの強風だったため中腰で登り、山頂のこの場所では風を凌ぐため岩に隠れて一休みしてました(^_^;)

でもでも風のせいで どんどん体も冷えてきてヤバかったけどね…(泣)

DSC02790_R.JPG

命がけで登ったから最高に素晴らしい景色であります(笑)

その後は登る時同様、前かがみで風に吹き飛ばされないようにしつつ慎重に降りてきた次第でありました♪

↓ここは紅葉も真っ盛りね♪

DSC02795_R.JPG

黄色が鮮やか~♪

DSC02798_R.JPG

青空との愛称も抜群!!

DSC02807_R.JPG

赤い葉っぱも良い具合♪

DSC02813_R.JPG

そして この時点でちょうど12時頃♪

このまま今夜は10年前にも泊まった鬼怒川温泉辺りのキャンプ場を考えており出発進行~!!

ちょうどツーリングマップルを眺めておりますと例によって「混浴」の文字が!!(北海道であんな相打ちを受けたのに懲りてない…)

コレは行かねばー!!と向かったのも虚しく、どうやら その混浴は鬼怒川温泉ではなく、その手前の川治温泉だったようで…時刻も17時をまわり引き返すのもバカらしいので鬼怒川温泉で入浴した次第でありました(^_^;)

でも鬼怒川温泉て関東でも有数の規模の温泉街のようでホテルや旅館が川沿いに立ち並ぶ様は圧巻でした(ボクモ オンセンガイニ トマッテ リッチナショクジガ シタイヨ~)

でもでも、個人的には切り立った山々の中にあった芦ノ牧温泉は景色が良さそうでよかったな。40年後くらいにキャンプではなく芦ノ牧温泉の温泉旅館に泊まってみたい(笑)

んなわけで辺りはすっかり真っ暗。20時頃にちょうど那須塩原辺りから下道で実家までの距離を調べてみると…

なんと300km程!ってことは6時間ほどで帰れるはず!!

と、既に朝から500kmも走っているのにもかかわらず頭がおかしくなってしまったのか、実家に帰ることにいたしました( ゚д゚)

強強打破を飲んで走りましたが、もう眠いのってなんのって(泣)

途中、ビーナスラインのある和田峠では(国道142号線)鹿に何度も遭遇しましたし…(^_^;)

そして…↓メーターの走行距離を御覧ください

DSC02823_R.JPG

はい。実家に着いて撮った1枚です。午前3時頃に到着しましたが、トータルで6000kmも走ってました( ゚д゚)

ちなみに この日の走行距離は…

DSC02824_R.JPG

830km!!アホやアホ!!そりゃあ、20時間も運転していたから当たり前か(笑)

そんなわけで僕の一人旅は無事故無違反、全泊テント泊、高速道路一切なし!の鉄の掟を守りきり無事に生還した次第でありました(^_^;)

ホント、一生忘れられない思い出になりましたよ(*^_^*)

でも、その後は強強打破のお陰でなかなか眠れなかった。アレって飲むと眠りも浅くなるみたい。途中、何度も目が覚めた(泣)

ちなみに翌朝(5時間後)友だちでカンガルー便の運ちゃんから連絡がありお土産を持って突入!更に、もう一人の友だち(引っ越しを手伝ってくれた あの人)からも連絡があり、更にお土産を持ってログハウスに突入!

寝不足のまま酒盛りが始まりカラオケが始まり、その日の夜にはお囃子保存会にもお土産を持って突入→大宴会と例によって反省しない反省会コースまっしぐらでありました。

なんにしても楽しかったな♪

さて、キャンプと言えば焚き火にBBQ!これからの時期、七輪なんてのもいかが?

私も昨年末と今年の正月に四国を回りましたが大いに役に立ってくれましたよ!焚き火台と違って七輪は火持ちが良いのよ♪

炭も忘れずに♪

後日、スノーピークの焚き火台の お手入れ!

↓こんなに汚れていますが…

DSC02826_R.JPG

台所用洗剤とステンレス製の?たわしで ひたすら磨くと…

DSC02827_R.JPG

もうピッカピカ!!(毎回毎回、ここまでピカピカにしないと気がすまない。だからキャンプに行くのも億劫になるわけ…)

そんなわけで20日間の更新でありましたが最後まで目を通して頂きありがとうございました。

また、これからもネタが有れば こちらのブログを使って記事にしていきたいと思います。

次回も お楽しみに!!

camp-touring@administrator について

バイクに乗ったりテント積んでぷらっとキャンプに行ってます。このサイトでは、オススメのキャンプ道具~仕事について~バイクのこと記事にしていきます。
カテゴリー: キャンプ, , 北海道 旅行記 パーマリンク

北海道旅行記 20170929(20日目) への3件のフィードバック

  1. 亜美 のコメント:

    全部読んだよ~\(^o^)/
    楽しかった!!!
    素敵な旅になったね。写真、本当にどれもきれいでびっくり。

    • camp-touring@administrator のコメント:

      こんばんは!ありがとう(*^_^*)
      楽しんでもらえてよかった♪
      ホントホント!お陰様でステキな旅になりました!
      写真もアドバイスしてもらったりなんやらで綺麗に撮れたと思う♪
      また旅をした際は記事にしていくからヨロシクお願いします!

  2. ピンバック: Windows XP の背景のような景色を撮りに行ったお話♪ 180729 | キャンプツーリングの薦め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。