島根県 櫛島キャンプ場


DSC02668_R

2010年のゴールデンウィークに山口県下関市にあります本州最西端 毘沙ノ鼻へキャンプツーリングに行ってきました。

DSC02660_R

まだ、民主党政権下の1、000円高速時代でしたので行きは町内のハーレー乗りの方々と下関までご一緒し、その後は本州最西端~日本海を下道でゆっくり北上していくと言うルートで行きました。(ハーレー乗りの方々はそのまま九州へ~。゚(゚^∀^゚)゚。

DSC02676_R

初日はとても寒く、冬用のシュラフで難を乗り切った覚えがあります。そして2日目、無事本州最西端を拝み、その日に宿泊したキャンプ場がとてもよかったので、ここでご紹介します。ずいぶん長い前置きだ…

その場所とは…

島根県 櫛島キャンプ場です。じつはこのキャンプ場、温泉津温泉の直ぐ側にあるキャンプ場でもあり、海辺の石切り場があるため、過去には石見銀山から産出される銀の積出港にもなった場所ですので、景観は一般の世間一般のキャンプ場とは若干雰囲気が違います。

DSC02694_R

テントサイトは写真の奥にある建物付近でトイレは水洗、水洗い場も完備されております。ただし、7~8月のみ営業しているようでトイレ&水場(建物ね)は施錠がしてあり、自分がキャンプ場に行った時は入り口横から入る形になりました。

DSC02687_R

乗り入れも可能?な様子でこの日も15組前後のキャンパーが宿泊してました。写真奥に見えるハーレー乗りの方々、ちょうど四国から来ており初対面にも関わらず仲良くなって深夜までバイクのこと人生のこと、50代ならではの深い話しをしてもらい楽しんだ次第です。お酒パワーって本当に凄い…

Hotspring_Yunotsu_Shimane_01

で、なぜこのキャンプ場を進めるのかと言いますと、側にある温泉津温泉が本当に源泉かけ流しで良い意味での古さがあり、ひなびた温泉っていうイメージがピッタリのところです。何気にwikiで調べてみたところ 薬師湯は2005年9月付けで、日本温泉協会の新基準による審査の結果、全項目「オール5」の最高評価の天然温泉として認定されている。とのこと。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E6%B4%A5%E6%B8%A9%E6%B3%89

さらに、コンビニありませんが街の商店が19時ごろ(←多分…)まで営業しているため買出しも困りません。お酒~食品しっかり揃ってますよ♪

 

温泉に入って個人的な感想としてアルカリ泉質のツルツルで、臭いもあって何よりシャワーのようなものがない源泉!Onlyな状態が本当に胸を刺激してくれます♪とにかく素晴らしいです。

 

キャンプ場は石切り場だった岩場を海沿いにのんびりお散歩するのも楽しすぎますし、何より小学校のころ下校途中のプチ冒険な気分をよみがえらせてくれますよ(´∀`)それくらい楽しい雰囲気です。夏場は家族で行っても楽しいと思う!

DSC02688_R

DSC02689_R

DSC02700_R

DSC02695_R

DSC02703_R

DSC02707_R

DSC02705_R

キャンプ場内の写真です。浅瀬になっており夏場はファミリーのキャンパーが多い様子です。過去の情報ではシーズン中、1泊1,000円だった気がしますが、サイトへアクセスするとそのような情報は載っておりません。変わったのかな?http://www.visit-ohda.jp/640.html

側には世界遺産 石見銀山もあり一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?本当にオススメですよ!

ちなみにキャンプツーリングの明かりと言えばガスランタン!!とストイックな考えをお持ちの方がいるのかもしれませんが、LEDランタンを導入したところ、後戻りが出来ないくらい便利になってしまいましたのでご紹介します。色もガスランタンのマントル同様黄色い温かい光ですのでオススメですよ!
あと、東日本大震災の影響で3~4倍近い値段で出ておりましたが値段もやっと震災前の値段に落ち着いてきております。買うなら今が良いかと思います。

camp-touring@administrator について

バイクに乗ったりテント積んでぷらっとキャンプに行ってます。このサイトでは、オススメのキャンプ道具~仕事について~バイクのこと記事にしていきます。
カテゴリー: キャンプ パーマリンク

島根県 櫛島キャンプ場 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2017~2018 年越し九州一人旅 初日~2日目 2017/12/26&27 | キャンプツーリングの薦め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。