年の瀬に伊豆半島で野宿をしていたお話 21122930 前編

2022年が始まりました。

こんな下ネタだらけのブログを御覧になっている皆様、新年あけましておめでとうございます。

私も昨年あたりから時代の波に乗って、国連というか政府が提唱しているSDGsの開発目標の12番目にある「持続可能な生産消費形態を確保する」&12.2の「2030年までに天然資源の持続可能な管理および効率的な利用を達成する。」を意識して、未来のために天然資源から作られる髪…じゃない、紙。すなわち、ハガキなどで送られる年賀状を止めました。(無駄に人に送りつけるというニュアンスです。頂いた年賀状については、ちゃんと寒中見舞いとして心を込めてお返事いたします。)

決して年賀状を送ることが面倒くさくなったわけじゃないよ!

ってか、年賀状を送ることを止めたなんて書いたら日本郵政株○会社から暗殺されそうね(´・ω・`)

※SDGs→持続可能な開発目標。2030年までに達成するために掲げた目標

んでも、気分的には年賀状を作ってみたい&この記事用に作りたくなったので、サクッと(作業時間5分)作ってみました。

こんな私でも過去見てきた子達から年賀状をいただけるのですが、その中の1通に「高校を卒業したら先生みたいなバイクに乗ってみたいです。」と書いてあり、ちょっと泣きそうになってしまいました。

とは言っても、こんなバイクを乗ろうものなら命が幾つあっても足りません。(冗談抜きで299km/hは出る。)

嬉しい反面、急に親心が出てしまい、嬉しいやら「危ないから止めたほうがいいんじゃ…」という気分になってしまい、複雑な気分であったりもします(笑)

でも自分はバイクがあったお陰で人生が豊かになったのは事実なので、そこは胸を張って「いつか一緒に走れることを楽しみにしてるよ♪」と前向きなお返事を書こうかなと言う気分です。

そんなわけで話が脱線しましたが、今回は年末のク○忙しい時期に伊豆半島を旅してきたお話でございます。

日中、写真を現像してたら(撮影したデジカメのデータはRAWと呼ばれるデータで記録される。そのRAWデータに手を加え、JPGデータにする作業)60枚ほどあったので、半端なく時間がかかりました(泣)

さ~それでは始まり始まり~

実は沖縄以外は日本中旅してきた自分なんですけど、なぜか伊豆半島に行ったことがなくて、予てから気になっており、今回行ってきたわけなんです。

(本当は徳島県の鳴門市にある「大塚国際美術館」へ行こうと思っていたけど、年末年始は高速道路の割引がなかったので止めた。)

過去に4回ほど富士山には登っているのですが、富士山は静岡側から見ても山梨側から見てもとってもキレイなんですよね。

日本一高いお山に登ってきたお話 190907 (当時の記事でございます)
https://camp-touring.net/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e9%ab%98%e3%81%84%e3%81%8a%e5%b1%b1%e3%81%ab%e7%99%bb%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%8a%e8%a9%b1-190907/

なので伊豆半島からも見てみようと思ったのが始まりでした。ですが…

12月29日の朝

前夜にウィスキーを飲んでしまい泥酔。そして寝坊→大急ぎで準備して11時に出発。

で、由比にある薩埵峠に(さった峠)着いたのが17時前。

せっかくなんで、写真を撮りに行きました。(国道1号線から行ったもんだから地獄を見た。車で行く人は国道52号線から入っていきましょう)

だがしかし!

めちゃめちゃ有名スポットなので、写真を撮る場所がない(泣)

なんとか撮ってみました。

確か東京カメラ部絡みの投稿でもよく投稿される有名スポットなだけあってか、激混み(泣)

仕方無しになんとか撮れる場所を探し出して撮ってみました。

今回は青みを強調してみた。富士山も見えるね。

この写真はホワイトバランスを弄って自然な感じにしてみた。

この場所で、富士山と合わせた写真の夜景を撮りたいなら、日没直後か、日の出前がおすすめ。

真っ暗だと満月の夜じゃない限り、富士山も合わせてキレイに撮れないと思う。

ちなみに日中は晴れているとこんな感じに見えます♪

そんなわけ、頑張って伊豆の国市まで出てきたのはいいけど、道の駅も車中泊組だらけで、仮眠ができない(泣)

結局仮眠した場所は、海からの風が強すぎたため、翌朝道の駅「くるら戸田」で荷物を整理していましたが、こんな感じで満車。

本当にキャンプや車中泊がブームなんだなと実感した次第です。

で、前夜は寝る場所がない状態でしたので、ここは開き直って海岸線沿いへ…

この灯台を見ながら寝てた(笑)

伊豆半島って6月から9月までの時期は海岸線沿いでキャンプやバーベキューは禁止みたいだけど、それ以外の時期はグレーゾーンみたい。

20時頃に仮眠場所に着いたので大急ぎで晩御飯の支度。

この日はしゃぶしゃぶをしました。(ふるさと納税の返礼品で豚肉がたくさんあった)

自分の場合、キャンプ飯は買って食べるより食材を持参して調理することが多いんですが、この日は風が強すぎてしゃぶしゃぶどころじゃない…!!←湯が沸かない

とりあえず、しゃぶしゃぶしたらお肉の色は変わったので、大喜びで食べましたが、本当に大丈夫だったのか今でも不安です(笑)

とまあ、すったもんだして日の出の時刻になったら、この富士山♪

見てよ、この富士山。赤富士?っていうのかな。

生で見ると大感動であります。

赤く照らされる富士山。とってもキレイ

個人的には富士山の麓、富士市が左側に広がっている、このアングルが最高だと思う。

広角レンズで(焦点距離は35mm)撮ってみた。

海が荒れ狂いすぎ…( ゚д゚)

なんか、富士山の写真ばっかりだけど、兎に角撮りまくってます(笑)

富士山に絶頂してる自分。

もう手遅れだけど色々と心配になります(笑)

こちらの写真、スマホの待受にでもどうぞ。

ご利益がありますよ!

(多分…( ゚д゚))

現像する段階で、露光を調整して赤みを強調してみた。

パソコンの大画面で見るとキレイすぎてうっとりするね~(自分で撮った写真なので、もれなく頭の中で補正されているのだ笑)

んで、おひさまが完全に上がるとこんな感じ♪

これもこれでキレイね~

さて、とりあえずここから西伊豆を散策して反時計回りに行ってみようと思う♪

で南下していくと…

「旅人岬」って書いてある♪

ここね。レビューを見ると、夕日が最高にキレイらしい♪

なんか伊豆って「〇〇岬」っていう場所が数箇所あり、印象的な場所が多くあった。

旅の相方も撮ってみた。

この車で北は北海道の一番上「宗谷岬」南は鹿児島県の一番下「佐多岬」まで行き、走行距離も遂に10万キロを超えたんですが…

なんと足回りから「ゴツゴツ」と異音が発生中(泣)

ディーラーさんに見てもらったら、ショックアブソーバが抜けているとのことでした。

で、ここで緊急事態。今入れている社外品のショックアブソーバがない…(泣)

実はこの車を購入した時に足回りは全て変え、純正部品はヤフオクでドナドナしてしまった&今入れている足回りもTRDのもので、すでに生産が終わっているという悲劇(泣)

こうなると色々と辛いものがあります(結果、KYBのショックアブソーバを購入しました)

旅人岬って書いてあるのに、これいるのか( ゚д゚)

これじゃあ「家族岬」になってしまわない?

あ、すいません。なんでもないです。

そこから更に南下して辿り着いたのが「恋人岬」

ここね。少し高台にあって、めちゃめちゃ景色が良かった♪

これもいい写真になったよ!

まあ、独りで来ている自分に対しては最高の拷問プレイが開催されているわけですが(笑)

はい。順調にメンタルが崩壊していってます( ゚д゚)

次はキャバクラのおねーちゃんと同伴で来てやる…!!

これ、親指が折り畳まれていたら炎上していたよね( ゚д゚)

親指が折り畳まれている状態になると、「コルナサイン」と呼ばれ、人によっては悪魔崇拝者のサインと受け取られる事があるようです。

よくクリスチャンが多いアメリカなどで、このサインをSNSに上げて炎上する方がいるようですね。

(日本は無宗教の人が多くあまり意識されないけど、クリスチャンが多い地域で真面目な職業の人がこのサインする事は本当にNGなようです。)

この日は冬型の気圧配置で、風も強く海が荒れ狂っているけど、穏やかな日に来たら本当に幸せな気分になれそう♪

さ~次は「黄金崎」を目指すよ!

って、長くなってきたので今回はここまで。

次回は黄金崎からのお話です。

現像した写真が、あと40枚ほどあるので、次の記事は写真ばっかりになりそう。

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もお楽しみに!

作成者: camp-touring@administrator

バイクに乗ったりテント積んでぷらっとキャンプに行ってます。このサイトでは、オススメのキャンプ道具~仕事について~バイクのこと記事にしていきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。